航空機産業にかかわる鋳物

 

航空機に求められるもの

 

最新鋭の航空機は安全性だけではなく、

快適性やスピード、低燃費が求められています。

 

 

航空機エンジン ~先端技術の結晶~

 

このため航空機のエンジンには、軽量化、低燃費、低騒音という

 技術的な性能が求められます。

 

 

航空機部品

 

航空機部品には、比強度の高さ、耐疲労特性、高温・低温での強度、耐腐食性といった材料性能が求められ、代表的な航空機用金属材料としては、インコネルやチタン、クロムモリブデン鋼などがあります。

これらの金属は切削が難しい難作材という材料です。

 

 

複合加工機

 

このような難作材を複雑な3次元曲面形状へ、非常に高い加工精度で、

より高い生産性をもって切削加工するのが最新鋭の複合加工機になります。

 

 

複合加工機 主軸部品

 

複合加工機の主軸には、加工精度と加工スピードという、相反する性能を得るため、高い剛性が必要とされます。

さらに複雑な機能を実現するため、高密度なマニホールド機能を実現する平野鋳造所の高機能・無欠陥鋳物が使用されています。