天然資源の有効活用

鋳物の原料はすべて地球から採取される鉱物です。

限られた資源を有効に使い、省資源化に向けた取り組みをご紹介します。

溶かした鉄からどれだけの鋳物製品がつくれるのか?

溶解炉で溶かした鉄

溶解炉で溶かす鉄を100%としたとき

製品になる歩留りを比較すると

          平野鋳造所                         鋳造業界の平均値

     製品歩留り86%                  製品歩留り55%


平野鋳造所では原材料のロスを68%低減しています

12.2. 天然資源の効率的な利用を達成する

 鋳鉄製品は原料となる鉄を高温の液体に溶かし、溶かした鉄を鋳型に流し込んでつくられます。このとき、どうしても製品にならない部分が出来てしまいます。 (プラモデルの”ランナー部分”を想像してみてください)

 また鋳造は、ほかの製造方法とくらべて製品不良の発生リスクが高く、これらの要因により、鋳造は非常に製品歩留りの低い産業といえます。 

 平野鋳造所では独自の鋳造技術により、原材料のロスを大幅に削減するものづくりに取り組んでいます。

 限られた資源を有効活用し、社会が豊になる未来を目指しています。