エネルギーの有効活用

鋳造工場では鉄を溶かすために大量の電気を消費します。

ここではわたしたち平野鋳造所の省エネルギー化の取り組みをご紹介します。

1トンの鋳物製品をつくるために必要な電力量はどのくらい?

平野鋳造所

1191kWh/ton

一般的な鋳造工場

1600kWh/ton


平野鋳造所は電気の使用量を25%省エネ化しています。

7.3. エネルギー効率の改善を目指す

鋳造工場では誘導炉とよばれる設備を使用して電気のエネルギーを熱に変換し、金属の鉄を約1500℃の液体に溶かしていきます。

()平野鋳造所では、高効率の溶解設備の導入や、より最適な製造方法の探求により、エネルギー効率の改善に取り組んでいます。

たとえば、製品1トンを製造するために使用する電力量で比較すると、国内の一般的な鋳造工場と比べ、電力エネルギーの使用量を約25%削減しています。